千葉で太陽光発電を購入・設置するならココ!取り扱いメーカーも豊富・保証内容も充実した業者を厳選紹介します!

太陽光発電の設置費用を安く抑えるテクニックについて解説!

公開日:2022/05/15


東京都では新居に太陽光発電システム設置を義務付ける方針が固められ、再生可能エネルギーを利用した動きが加速しています。そんな太陽光発電ですが「設置費用が高く導入しにくそう」「維持費がかかりそう」など不安がある方も多いのではないでしょうか。今回はそんな方向けに太陽光発電の設置費用を安く抑えるテクニックを紹介します。

太陽光発電の設置費用の内訳

まずは太陽光発電の費用を簡単に把握しておきましょう。太陽光発電の設備費用は以下のような内容にわけられます。

・ソーラーパネル
・パワーコンディショナー
・足場代
・諸費用
・工事費用

太陽光発電設備全体の費用相場は、20~30万円前後です。上記の内容がどのようにわけられているのか、それぞれみていきましょう。

ソーラーパネル

ソーラーパネルの値段は1kwあたりで算出するのが一般的です。2021年では1kwあたりのソーラーパネル値段相場は約17万円となっています。設置する枚数によって値段は変動しますが、多くの家庭が設置する5kwであった場合、約85万円かかる計算です。

パワーコンディショナー

パワーコンディショナーとは発電した電気を家庭で使えるような電流に変換する装置のことです。パワーコンディショナーの費用相場は2021現在で約4万円となっています。ソーラーパネル同様5kwで考えると20万円ということになりますね。しかし現在は5kwで10万円を切るパワーコンディショナーもあるため、あくまでも平均値ということを覚えておいてください。

架台費用

架台とは太陽光パネルを設置する足場で、太陽光を効率的に吸収するために必要な装置です。架台の費用相場は2万円となっており、5kwだと10万円程度かかる計算になります。

工事費用

太陽光発電の工事費用は施行工事段階によってその都度発生します。たとえば足場費用、架台工事費用、ソーラーパネル設置代などです。

諸費用

何事を始めるにも手続きが必要なため、書類の申請や手続きによって費用がかかります。太陽光発電システムを導入する場合には、資源エネルギー庁への新規認定申請や、各自治体への補助金の申請、電力会社への申請などを行わなくてはなりません。申請は個人でも行えますが、専門的な知識が必要であるため、専門家に依頼するのが一般的です。

太陽光発電の設置費用は状況に応じて変動する

太陽光発電の販売が開始されたのは1993年、1kWあたり370万円で販売されていました。現在の家庭で設置するような3~5kWを設置するには1110〜1850万円かかる計算です。これでは価格が高すぎるため、太陽光発電は大きな売り上げにはつながりませんでした。

そこで再生可能エネルギーを普及させたい国は1994年に補助金を出すことを決定。1kWあたり200万円で買えるようになりました。1kWあたり200万や370万を踏まえると、現在では1kWあたり20~30万円程度で買えるわけですから、とても安くなっているといえます。太陽光発電が安くなった理由にはどのようなものがあるのでしょうか。

太陽光パネルのニーズの変化

太陽光パネルはもともと「売電」を行うのが主流で、売電によって資産形成を行うケースも多くありました。しかし売電価格が下がった現在では、作った電力を売るよりも自分の家で消費したほうがお得なことが増えています。そのため多くの太陽光パネルを設置して売電するようなことが減ったため、太陽光パネルの値段も安くなっているのです。

売電価格の低下

売電価格が高かった時期は、電気を売ることによって利益が得られていました。しかし、2017年には売電価格が電気料金の単価を下回ったことにより、太陽光発電による売電の価値が低下しました。そこで太陽光発電会社はより安く導入できるようにと、生産のほとんどを海外で作成しており、太陽光発電の製品自体が安くなったのです。

太陽光発電の設置費用を安く抑えるテクニック

太陽光発電のシステムは従来に比べて安くなっているとはいえ、できるだけ費用はかけたくないですよね。というわけでここからは、太陽光発電の設置費用を抑えるテクニックを紹介します。

補助金制度を利用する

太陽光発電を安く利用したい場合には、まず補助金制度を検討しましょう。太陽光発電の補助金制度は先着順なので、こまめにチェックして申請を行うのがポイント。以下は東京都の補助金制度を抜粋したものです。

・東京都:1kWあたり10万円(100万)
・千代田区:対象経費の20%(上限75万)
・新宿区:1kWあたり10万円(上限30万)
・墨田区:1kWあたり3万円(上限30万)

上記のように太陽光発電の補助金制度は東京都と市区町村から出ています。自分のお住いの地域を考慮して補助金制度を利用してみてください。

いくつかの見積もりを比較検討する

太陽光発電を安く設置するためには「どこのパネルを使うか」「どの会社に工事を依頼するか」などの選考が必要です。たまに訪問販売で契約をしてしまう方がいますが、高額で売りつけているケースも少なくありません。太陽光発電を導入する際は、いくつかの見積もりを比較検討して決めるようにしましょう。

 

今回は太陽光発電の設置費用についてお伝えしました。今回紹介したテクニックを参考にして太陽光発電を安く導入してみてください。自家発電が行えれば災害時にも安心ですし、電気代が安くなるかもしれませんよ。

【千葉】太陽光発電設置・販売業者5選

イメージ1
2
3
4
5
会社名株式会社レクソル株式会社日本エコシステム二和エンジニアリング株式会社株式会社グリムスソーラー株式会社タイショー
特長一人一人に合う最適な提案と、安心のアフターフォローの徹底家庭の状況、ニーズに合わせオーダーメイドシステムの提案提案からアフターメンテナンスまでワンストップ体制で安心電気エネルギーの完全な自給自足を目指す提案を行う地域密着で安心の自社施工!2,500棟以上の実績
詳細ページ

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧