千葉で太陽光発電を購入・設置するならココ!取り扱いメーカーも豊富・保証内容も充実した業者を厳選紹介します!

太陽光発電はメンテナンスが必須?長期間の放置は故障の原因にも!

公開日:2022/06/15


「太陽光発電を導入したいがメンテンナンスが大変そう」「太陽光発電のメンテナンス費用はいくらなんだろう」と疑問を持っている方はいませんか?本記事では太陽光発電のメンテナンスのメリットと費用、自力で行えるメンテナンス方法について紹介します。太陽光発電の導入を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

太陽光発電はメンテナンスが必須?

一部の太陽光発電のメンテナンスは、2017年4月1日の改正FIT法によって義務化されています。義務化されているのは以下の通りです。

・FIT制度を利用している太陽光発電
・50kW以上の太陽光発電

反対に義務化されていないのは

・50kW未満でかつ全量自家消費の場合
・50kW未満でかつ、FIT制度を利用した売電を行っていない場合

になります。自宅で太陽光発電を利用する場合は、50kW未満で全てを自家消費はできないため、ほとんどの過程で義務化が適用するといえるでしょう。

なぜメンテナンスが重要なのか

メンテナンスを行うメリットは以下の通りです。

・発電性能を維持するため
・故障・破損が見つかる
・発電効率を維持するため

太陽光発電は設置してから放置していると、パネルの上に水垢や鳥のフン、ゴミ、木の葉などが付くことで発電効率が低下し、自宅で電気を十分に利用できなくなることがあります。しかし、鳥のフンやゴミなどは雨で流されるため、発電効率の低下に関する割合はそれほど大きなものではありません。

一方、排気ガスのような油を含んだ汚れは雨でも落ちにくいため、電気を十分に利用できないケースがあります。雨が降った翌日でも発電の数値が元に戻らない場合には、メンテナンスを行い、汚れを取り除くことが必要です。

故障・破損が見つかる

太陽光発電は屋根にあり、野外にさらされているため、台風などで飛来物がぶつかってしまったり、落雷などで電気的な故障をしてしまったりすることがあります。飛来物で太陽光パネルに傷がつくと、そこから水が入ってしまい、中の部品を腐食する危険があります。しかし太陽光パネルが屋根についているため、傷や故障は目視で確認することができません。そのため、定期的に専門業者に依頼してメンテナンスを行う必要があるのです。

太陽光発電のメンテナンスにかかる費用

設備点検

定期メンテナンスを行う場合の費用相場は、5〜10万円程度です。この費用は点検費用に加えて足場代や諸費用、人件費を合算した費用になります。太陽光パネルの清掃費用は3〜6万、パワーコンディショナーの交換には20〜30万円かかります。パワーコンディショナーは寿命が15年と言われていますから、定期メンテナンスで頻繁に買い替える必要はありません。

足場代

太陽光発電のメンテナンスで意外と費用がかかるのが足場代で、住宅の壁一枚に設置することを考えても、8万円前後かかります。

修理費

太陽光発電に何らかの異常が見られた場合には、その装置や機械の交換費がかかります。どの装置を交換するか、業者はどこなのかによって値段が左右するため、値段を知りたい場合には、自分が利用している業者の要項を確認しましょう。その際、メーカーの保証対象になっていれば、無償で交換してくれることもあります。

太陽光発電のメンテナンスは自力で行える?

太陽光発電のメンテナンスを自分で出来たら、費用が浮くため嬉しいですよね。しかし、太陽光発電のメンテナンスを自力でやるのは、厳しいのが現状です。太陽光発電は太陽光を必要とする性質上、屋根や屋上に付けるのが主流です。屋根に付いている場合には、高所にあるため作業が困難ですし、屋上に付いている場合でも、間違えてパネルを傷つけてしまう可能性があります。高所の作業は専門業者でも、しっかり足場を組んでメンテナンスを行うため、自力でメンテナンスをするのは避けましょう。

メンテナンス以外で日々できることはあるか

モニターのデータ管理

太陽光発電設備には、発電量や売電量、消費量などが見れるモニターが付いており、定期的に数値を確認するのが良いでしょう。1部のモニターではCSVファイルなどの形式で保存できるモニターもあります。データ管理を日常的に行っておくことで、急激な数値の変化にも対応出来るでしょう。

日常点検

日常点検は主に以下の内容を行うと良いでしょう。

・パワコンの腐食・破損
・パワコンの動作音
・接続箱の腐食はないか
・接続箱の隔離距離は適切か
・太陽光を遮るものがないか

日常点検を行うことで、異常や故障の早期発見に繋がります。パネルの掃除が出来なくても、点検は定期的に行いましょう。

異常を感じたらすぐに連絡する

定期的に点検を行っていれば、部品が多少破損していたとしても修理で解決できます。しかし点検を行わず、故障してからメーカーに問い合わせても交換しか出来ず、最悪の場合、買い替えになることもあります。上記のような状況にならないよう、点検を定期的に行い、異常を感じたメーカーに問い合わせる癖をつけましょう。

 

今回は、太陽光発電のメンテナンスを行う理由と自力で行える点検について解説しました。太陽光発電はしっかりメンテナンスを行わないと、発電効率が悪くなったり、故障してしまったりします。日常的に点検する癖をつけ、異常を感じたら業者に頼んでメンテンナンスを行うようにしましょう。

【千葉】太陽光発電設置・販売業者5選

イメージ1
2
3
4
5
会社名株式会社レクソル株式会社日本エコシステム二和エンジニアリング株式会社株式会社グリムスソーラー株式会社タイショー
特長一人一人に合う最適な提案と、安心のアフターフォローの徹底家庭の状況、ニーズに合わせオーダーメイドシステムの提案提案からアフターメンテナンスまでワンストップ体制で安心電気エネルギーの完全な自給自足を目指す提案を行う地域密着で安心の自社施工!2,500棟以上の実績
詳細ページ

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧