千葉で太陽光発電を購入・設置するならココ!取り扱いメーカーも豊富・保証内容も充実した業者を厳選紹介します!

太陽光発電の売電量を管理しよう!メーターの見方や交換時期について解説

公開日:2021/04/15


家に太陽光発電を設置し、売電した電力量を計測するために必要な機器の一つに売電メーターがあります。近年では、売電メーターを導入する場合は売電メーターとして、デジタル形式のスマートメーターが採用されることがほとんどです。この記事では、売電メーターとスマートメーターの使い方や交換時期などについて詳しく解説していきます。

売電量は売電メーターで確認できる

売電メーターとは電力量計の一つであり、毎月どれだけ電力が電力会社に販売されたのかを計測できます。電力量計は、電路の電力量を計測する機器のことです。電力量計には、毎月の電力使用量と電力を使用した代金を計測する「買取メーター」も含まれます。従来では電力会社の職員が一軒ずつ住宅を訪問し、買取メーターの数値を確認していました。しかし、近年では通信機能を備えたデジタル式のスマートメーターの普及により、職員の訪問が不要となりました。

売電メーターがあれば電力会社に売電できる

電力会社から購入した電気を使用するだけであれば買取メーターだけで充分ですが、太陽光発電を設置して売電をする場合は、電力会社にどれだけ電気を売ったかを計測できる売電メーターが必要不可欠です。なお、売電メーターは太陽光発電設置時に販売店で購入または設置することが可能であり、電力会社からも簡単に購入、設置できます。

売電メーターの交換時期を把握する

電力量計は法律によって10年に一度の交換義務が定められています。電力使用量を計測するために各家庭に設置されている買取メーターは電力会社の保有物であり、基本的に設置は無料でメンテナンス、交換も電力会社がすべて行います。

対して、売電メーターの所有権や交換時の費用負担は電力会社によって異なります。売電契約をしている電力会社によって、売電メーターの所有権が電力会社にあるのか、太陽光システムの会社にあるのかという考え方に違いがあります。また、交換の際もどちらが費用を負担するのかも異なります。メーターの所有権が電力会社にあるものの、取り換えの費用は使用者が負担する場合もあるので、必ず事前に地域の電力会社に売電契約や売電メーター設置の際に確認しておきましょう。

スマートメーターで売電量は管理できる?

スマートメーターとは、通信機能を備えたデジタル式の電力メーターのことです。従来の電力メーターは電力会社の職員が住宅に訪問しなければ電力使用料の計測ができませんでしたが、スマートメーターでは30分ごとに電力使用量を計測し軽量データを電力会社のサーバーなどに送信できます。送信されたデータは電力会社のサーバーに記録されるので、契約者がスマートフォンのアプリなどで詳しい電気の使用状況を確認できるなど、電気の使用量の「見える化」によって省エネ意識や節電意識向上にもつながります。

さらに、スマートメーターには買取メーターと売電メーター両方の性能を併せ持ったものもあります。両方の機能を併せ持つスマートメーターは太陽光発電の発電量や売電量も表示されるため、太陽光発電を導入している家庭にはとくに効果的といえるでしょう。

無料でスマートメーターを切り替えよう

日本では全世帯へのスマートメーター設置を目標に、2024年までに100%普及を目指し従来の電力量計との切り替えが行われています。引越し・新築する際や電力メーターの使用期限が過ぎた際は優先的にスマートメーターの切り替えが行われます。

他にも、電力会社を変える際やHEMS(ヘムス)などの電力管理システムを申し込んだ際も切り替えが行われます。近年では地球温暖化の問題もあり、個人個人が省エネ対策を意識することが求められています。スマートメーターに切り替えることで電力使用料を「見える化」して、省エネ対策にも役立てることができます。スマートメーターへの切り替えは地域指定の電力会社がすべて無料で行ってくれるので、お早めに切り替えてみてはいかがでしょうか。

スマートメーターでの売電の見方

スマートメーターは売電量の数値がデジタル表示されるディスプレイに表示されるので、その数値を読み取ることで売電量を確認できます。売電を行っている電路に設置されたスマートメーターのディスプレイには売電量と買電量の数値が数秒ごとに交互に表示されます。

表示される売電量の数値は、スマートメーターが設置されてから現在までの数値が表示されます。売電価格は、導入した太陽光システムの発電区分などによって異なります。電力会社がリリースしている専用のアプリによって売電価格や月ごとの売電量などを確認できる場合があるので、そちらをチェックしてみてもよいでしょう。

 

この記事では売電メーターの使い方や交換時期などについて解説しました。近年では電力量計多くはスマートメーターに切り替えられており、太陽光発電を新たに導入する際は売電メーターとしてスマートメーターが設置されています。スマートメーターは電力使用量の「見える化」によって節電意識向上にもつながりますので、太陽光発電を導入している家庭にとってとくに効果的です。太陽光発電システムを導入された方や、これから導入しようと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

【千葉】太陽光発電設置・販売業者5選

イメージ1
2
3
4
5
会社名株式会社レクソル株式会社日本エコシステム二和エンジニアリング株式会社株式会社グリムスソーラー株式会社タイショー
特長一人一人に合う最適な提案と、安心のアフターフォローの徹底家庭の状況、ニーズに合わせオーダーメイドシステムの提案提案からアフターメンテナンスまでワンストップ体制で安心電気エネルギーの完全な自給自足を目指す提案を行う地域密着で安心の自社施工!2,500棟以上の実績
詳細ページ

おすすめ関連記事

サイト内検索