【2024年最新版】千葉で太陽光発電を購入・設置するならココ!取り扱いメーカーも豊富・保証内容も充実した業者を厳選紹介します!

日本の太陽光発電が急成長した背景とは?

公開日:2024/03/15

千葉 太陽光発電 急成長

日本は再生可能エネルギーの普及において世界をリードする国の一つであり、とくに太陽光発電の導入において顕著な成果を上げています。本記事では、日本が太陽光発電をどのようにしてトップクラスの普及率にまで押し上げたのか、その背景、政策の影響、そしてこれからの挑戦について解説します。

日本における太陽光発電の急速な普及の背景

日本における太陽光発電の急速な普及の背景には、1970年代のオイルショックが大きな転機となりました。この出来事は、日本のように石油などの化石燃料を大量に輸入に頼る国にとって、エネルギー安全保障の脆弱性を露呈しました。

これを背景に、エネルギーの自給自足能力を高める必要性が高まり、再生可能エネルギー、とくに太陽光発電への注目が集まり始めました。太陽光発電は、無尽蔵に近い太陽からのエネルギーを直接電気に変換する、持続可能なエネルギー源として期待されました。

この時期、政府は『サンシャイン計画』という野心的なプロジェクトを立ち上げ、太陽光発電を含む再生可能エネルギー技術の研究開発に大規模な投資を行いました。この計画は、技術的な進歩とコスト削減を促進し、太陽光発電の普及基盤を築くうえで重要な役割を果たしました。

政府のこのような積極的な姿勢は、太陽光発電技術の研究開発を加速し、長期的にはその普及に大きく貢献することになります。この政策的な支援と市場の成熟により、太陽光発電は次第にコスト競争力を獲得し、日本国内での普及が加速されました。

政策による太陽光発電普及の加速

政策による太陽光発電普及の加速において、日本政府が導入した融資制度固定価格買取(FIT)制度は、太陽光発電市場の大きな転機となりました。

1980年代の融資制度は、とくに個人の家庭における太陽光発電システムの設置促進を目的としており、低利での融資を通じて、太陽光発電へのアクセスを大幅に向上させました。この融資制度により、多くの家庭が太陽光発電システムの導入を決断し、再生可能エネルギーへの意識が広がりました。

さらに、2012年に開始された固定価格買取(FIT)制度は、太陽光発電によって生成された電力を国が定めた固定価格で買い取るというもので、太陽光発電事業の経済性を大幅に向上させる効果がありました。この制度により、太陽光発電への投資リスクが低減し、民間企業や投資家が積極的に市場に参入するきっかけとなりました。FIT制度の導入によって、太陽光発電の設置が加速され、日本国内での再生可能エネルギーの普及が一層推進されたのです。

これらの政策の効果は顕著で、太陽光発電の導入容量は急速に増加し、日本は世界の太陽光発電市場において重要な地位を確立しました。これらの政策支援により、太陽光発電は日本における再生可能エネルギー源としての地位を不動のものとし、持続可能な社会への移行を加速させる基盤を築いたのです。

日本の太陽光発電普及の未来展望と挑戦

日本の太陽光発電普及の未来展望と挑戦には、技術的な進化とともに政策的な支援が引き続き重要となります。高性能で効率的な太陽電池の開発は、太陽光発電のコストパフォーマンスをさらに高めることができます。

既に日本の研究機関や企業は、次世代太陽電池技術の開発に力を入れていますが、これらの技術を実用化し、市場に導入するためには、さらなる研究開発と資金投入が必要です。また、システムのコスト削減には、製造プロセスの効率化や大量生産によるスケールメリットの実現が求められます。

設置スペースの制約に関しては、日本のように土地が限られている国ではとくに深刻な問題です。この問題に対処するためには、屋根上や壁面、浮体式太陽光発電など、様々な形態の設置オプションを探求し、利用可能なスペースを最大限に活用することが重要です。

さらに、都市部や産業施設の空きスペースを活用した小規模ながらも効率的な太陽光発電システムの導入も、普及拡大のポイントとなります。太陽光発電の大量導入に伴う電力ネットワークへの影響や、発電量の変動性への対策には、スマートグリッド技術や蓄電技術の進展が不可欠です。

太陽光発電は天候や時間帯によって発電量が変動するため、電力供給の安定性を確保するためには、これらの技術を駆使した柔軟な電力管理が求められます。日本は、これらの技術を含め、再生可能エネルギーの効率的な利用と電力システムの安定性向上に向けた研究開発に注力しています。

日本の太陽光発電の未来展望は極めて明るいものがありますが、その実現には技術革新、政策の支援、そして市場の理解と受容が重要となります。これらの挑戦を乗り越えることで、日本は持続可能なエネルギーシステムへの移行を加速し、環境負荷の低減に大きく貢献することができるでしょう。

まとめ

日本における太陽光発電の急速な普及は、政府の積極的な支援策と技術革新によって支えられてきました。これからも日本は、太陽光発電を含む再生可能エネルギーのさらなる普及を目指し、持続可能な社会の実現に向けて努力を続けていく必要があります。太陽光発電は、日本だけでなく世界のエネルギー問題解決を握る技術として、今後も注目されるでしょう。

【千葉】太陽光発電設置・販売業者5選

イメージ1
2
3
4
5
会社名株式会社レクソル株式会社日本エコシステム二和エンジニアリング株式会社リコアス株式会社株式会社ヒラソル
特長一人一人に合う最適な提案と、安心のアフターフォローの徹底家庭の状況、ニーズに合わせオーダーメイドシステムの提案提案からアフターメンテナンスまでワンストップ体制で安心設立当初から現在に至るまで雨漏り等の施工に関するクレームなし圧倒的なお得価格での販売
詳細ページ

おすすめ関連記事

サイト内検索
太陽光発電関連コラム