【2024年最新版】千葉で太陽光発電を購入・設置するならココ!取り扱いメーカーも豊富・保証内容も充実した業者を厳選紹介します!

事前に行っておくべき太陽光発電の水害対策について解説!

公開日:2023/06/15


日本は台風や豪雨で、洪水などの水害が発生する危険性が高い国です。そのため、太陽光発電の導入を検討している方は、太陽光発電が浸水するとどうなるのか、水害対策は何をすればいいのかなど知識として備えておくとよいでしょう。そこで今回は、太陽光発電が水害によってもたらされるリスクや水害対策、水害に遭った際の対処法を解説します。

洪水などの水害によって太陽光発電にもたらされるリスク

洪水などで浸水した太陽光発電にはどのようなリスクがあるのでしょうか。ここでは、水害によって太陽光発電にもたらされるリスクを解説します。

太陽光発電設備の浸水による感電

太陽光発電設備が浸水すると、設備に触れなくても近づいただけで感電する危険性があります。感電する可能性が高い設備は「太陽光パネル」「集電箱」「パワコン(パワーコンディショナー)」「受変電設備」の4つです。集電箱やパワコンは水が引いたとしても、中に水が残っている可能性があるので不用意に開けてはいけません。

設備の漏電が原因で起こる火災

各設備を接続しているケーブルが洪水による漂流物とぶつかり、ケーブルが損傷している可能性があります。ケーブルが損傷すると損傷個所から漏電し、火災が発生することもあるので注意が必要です。太陽光発電設備の周辺には、引火しやすいものは置かないようにしましょう。

土砂災害による太陽光発電設備の倒壊

洪水が発生すると砂や土、石、倒木なども流され、土石流となって太陽光発電設備に衝突し、大きな被害をもたらすリスクもあります。土石流のスピードは非常に速いため、太陽光発電設備を倒壊させることもあるので大変危険です。

太陽光パネルから流出する有害物質

太陽光パネルには、有害物質である鉛、セレン、カドミウムなどが使われているものもあります。そのため、洪水により太陽光パネルが損傷すると、有害物質が流失する危険性が高いです。有害物質は頭痛、嘔吐、下痢、腹痛など人体に悪影響を与えるので注意しなければなりません。

事前に行っておくべき太陽光発電の水害対策

浸水などの被害に遭う前にしておく水害対策にはどのようなものがあるのでしょうか。ここでは、事前に行っておくべき太陽光発電の水害対策を解説します。

洪水ハザードマップでリスクを避ける

太陽光発電の導入を検討している地域に、洪水のリスクがあるかハザードマップで確認することが重要です。災害は人間の力で発生させないようにすることは不可能なため、いかにして被災するリスクを避けるか考える必要があります。導入を検討している地域のハザードマップは、国土交通省が運営しているハザードマップポータルサイトで確認しましょう。

メーカー保証や保険への加入

太陽光発電設備には、無償のメーカー保証がついています。メーカー保証には、システム保証と出力保証の2種類があり、システム保証は正しい使い方をしていて故障した場合など、出力保証は発電量が既定の数値を下回った場合に、修理や交換をしてくれるものです。

しかし、メーカー保証は自然災害に対応していないので、洪水が発生した場合に備えて保険に加入しておく必要があります。保険の補償内容はメーカーによって異なるため、想定される災害リスクが補償内容に含まれているか確認しましょう。

設備の定期的なメンテナンス

設備の定期的なメンテナンスをすることも、水害対策には効果的です。台風の時期はある程度決まっているため、事前にメンテナンスできますが、豪雨災害はいつ発生するか予想できません。洪水は台風だけでなく豪雨災害でも発生するため、いつ発生しても対策できるように、定期的なメンテナンスは必ず行いましょう。

万が一、太陽光発電設備が水害に遭った際の対処法

太陽光発電設備が水害に遭った際はどのような行動を取ればよいのでしょうか。ここでは、太陽光発電設備が水害に遭った際の対処法を解説します。

販売店や施工業者に連絡する

太陽光発電設備が水害に遭った場合は、真っ先に販売店や施工業者に連絡しましょう。自分で太陽光発電の復旧作業を行うことは、感電するリスクが高いため非常に危険です。専門的な知識と経験がある販売店や施工業者に依頼することで二次被害を避けられます。

浸水した設備には近づかない

浸水した太陽光発電設備は、近づいただけで感電する恐れがあります。そのため、水が引いたからといって安易に近づかないようにしましょう。また、近隣住民も近づかないように、周囲にロープを張るなどの対策が必要です。ロープを張る際は、自分の身を守るためにも広範囲にロープを張るようにしましょう。

ゴム手袋やゴム長靴を着用して作業する

太陽光発電を復旧させるために、やむを得ず設備に近づいたり触れたりする場合は、電気を通しにくいゴム手袋やゴム長靴を着用して作業した方が安全です。とはいえ、復旧作業をする場合はなるべく施工業者に依頼した方が間違いありません。

まとめ

洪水などの水害によって太陽光発電にもたらされるリスクには、太陽光発電設備の浸水による感電リスク、設備の漏電が原因で起こる火災リスク、土砂災害による太陽光発電設備の倒壊リスク、太陽光パネルから流出する有害物質リスクがあります。また、太陽光発電の水害対策は、洪水ハザードマップで洪水のリスクを避けることや、メーカー保証や保険へ加入すること、設備の定期的なメンテナンスをすることです。太陽光発電設備が水害に遭った際は、まず販売店や施工業者に連絡し、浸水した設備には近づかないことが重要です。復旧でやむを得ず太陽光発電に近づく場合は、ゴム手袋やゴム長靴を着用するとよいでしょう。

【千葉】太陽光発電設置・販売業者5選

イメージ1
2
3
4
5
会社名株式会社レクソル株式会社日本エコシステム二和エンジニアリング株式会社リコアス株式会社株式会社ヒラソル
特長一人一人に合う最適な提案と、安心のアフターフォローの徹底家庭の状況、ニーズに合わせオーダーメイドシステムの提案提案からアフターメンテナンスまでワンストップ体制で安心設立当初から現在に至るまで雨漏り等の施工に関するクレームなし圧倒的なお得価格での販売
詳細ページ

おすすめ関連記事

サイト内検索
太陽光発電関連コラム