千葉で太陽光発電を購入・設置するならココ!取り扱いメーカーも豊富・保証内容も充実した業者を厳選紹介します!

悪質な太陽光発電設置業者の特徴とは?見極め方を知っておこう!

公開日:2021/12/15


クリーンエネルギーとして推奨されている太陽光発電ですが、残念ながら悪質な業者による契約トラブルが多発しています。悪質な業者に騙されないようにするには、その特徴を知っておくことが大切です。この記事では、悪質な太陽光発電設置業者の特徴とそれを見極めるコツ、そして優良な業者を選ぶためのポイントをご紹介します。

悪質な太陽光発電設置業者の特徴とは?

国民生活センターには、ソーラーシステムに関する相談が毎年数千件寄せられています。トラブルになった事例から分かる、悪質な太陽光発電設置業者の特徴を見てみましょう。

契約の期間を限定して決断を急かす

「期間限定のキャンペーンなので今契約しないと損ですよ。」「あと○件だけが新システムのモニターになれます。」といった文句で、契約するように決断を急かすのは悪質な業者の常套手段です。あなたの希望に合った太陽光発電システムを導入するには、設置を決める前に充分に時間をかけて確認すべきことがたくさんあります。検討する時間を与えないようにする業者は悪質な業者と考えて断りましょう。

突然の電話や訪問で売り込んでくる

太陽光発電を導入したいと考えている方は、費用の相場や施工上の問題などについてある程度調べているので、客側が主導権を持って検討を進めることができます。悪質な業者は、不利な点に気付かれないよう売る側のペースで話を進めたいため、太陽光発電についてまったく予備知識のない方を狙って、突然の電話や訪問で売り込んできます。例外はありますが、突然電話営業・訪問営業が来た場合は悪質な業者であることを疑いましょう。

他社の見積もりを取らせない

太陽光発電は決して安い買い物ではありません。太陽光発電の設置業者はたくさんあり、業者によってかかる費用に大きな幅があるので、複数の会社から見積もりを取るのは当然のことです。他社の見積もりを取ることを嫌がる、あるいはそのための時間を与えない業者は、相場より高いシステムを売りつけようとしている業者だと考えましょう。

販売員に専門知識がない

こちら側から質問や相談をしたとき納得のいく回答が得られない場合は、悪質な業者を疑いましょう。自社の商品の質が悪いことを知らないかあるいは隠している可能性があります。しっかりしたシステムを販売している業者なら、販売員は機器や制度、施工についても充分な専門知識を持っているはずです。太陽光発電は長く使うものであり、業者とも長い付き合いになりますので信頼関係が築ける相手かどうかを見定めましょう。

悪質な太陽光発電設置業者を見極めるコツ

悪質な業者の特徴が分かったところで、いざ業者と向き合った時、相手が悪質な業者かどうかを見極めるコツを整理してみましょう。

契約を迫ったり、急かしたりしていないか

訪問した当日に契約を迫ったり、充分な猶予を与えず契約させようとしたりする業者は、まず間違いなく悪質な業者です。自社の悪い噂を調べられたり他社と比較検討されたりしないように時間を区切っています。購入する意思がないことをはっきり伝えて断りましょう。「帰ってください」とはっきり伝えても玄関先に居座る場合は不退去罪になりますので、ためらわず警察を呼びましょう。

こちらの要望を聞こうとしているか

太陽光発電システムにはさまざまな種類があり、どんな家にもよいというシステムはありません。あなたの家に最適なシステムが一番よいシステムです。それを理解している業者は、まずあなたの要望を聞きます。業者側が選んだことを押し付けてくる場合は、悪質な業者だと考えましょう。

太陽光発電のメリットだけでなくデメリットも説明しているか

太陽光発電にはさまざまなメリットがありますが、デメリットもあります。設置後は保守点検が必要ですし、「必ず○kW発電します。」「売電で毎月○円確実に入ります。」といった保証もできません。設置後の雨漏りや落雪、反射光によるトラブルが発生するリスクもあります。これらのデメリットについて、どのようなサービスや保証で対応できるのかを確認し、納得のいく説明を受けましょう。

発電量の予測が水増しされていないか

悪質な業者は発電量を多く予測して契約を成立させようとすることがあります。発電量は、天気の影響も考慮するために日照時間ではなく日射量で予測されているか、パネルにかかる影の影響も考慮されているか、パワーコンディショナの変換ロスやパネルの温度上昇による発電量ロスも加味されているかといった点を確認しましょう。

一般的に年間の発電量は、日射量×365日×パネルの容量(kW)×0.8(ロス率20%)という式で計算されます。日射量のデータはNEDO(国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構)が公開しているため、ご自身で計算して確認してもよいでしょう。

必要な知識を分かりやすく説明しているか

太陽光発電の設置から運転開始までには、業者による現地調査、自治体への補助金申請、電力会社への申し込み、経済産業省への申請など、やるべきことがたくさんあります。発電量のシミュレーションやシステムの内容、施工方法等についてはもちろんですが、手続きの流れや保証制度、保守点検、廃棄についても、最新の情報をもとに分かりやすく説明できる業者でなければ、その後の長い付き合いでトラブルの元となるでしょう。

見積もりに内訳が記載されているか

見積もりは必ず項目別の見積もりを作成してもらいましょう。細かい金額か書かれていない一式見積もりしか出さない業者であれば、不都合な部分を隠している可能性があります。項目別の見積もりを見て、他社とどう違うのかを比較検討しましょう。

優良太陽光発電設置業者を選ぶためには?

たくさんある太陽光発電設置業者の中から、優良な業者を選ぶにはどうすればいいのでしょうか。優良な業者を選ぶポイントをご紹介します。

複数メーカーを提案している

太陽光発電機器のメーカーはたくさんあります。発電量を重視したいのか、費用を抑えたいのか、早期に初期費用を回収したいのか、といったあなたの考え方によって、どのメーカーが最適なのかが変わります。1メーカーしか扱っていない業者が提案する機器が、たまたまあなたに最適なものである可能性は低いです。ホームページなどを確認して、複数のメーカー、できれば3つ以上のメーカーを取り扱っている業者を選びましょう。

自社で施工している

太陽光発電の設置業者は、販売から工事まですべて自社で行う自社施工の業者を選ぶことが重要です。販売と工事を別々の会社で行う外注施工の業者では、設計に無理があっても施工してしまったり、連携がうまく取れていなかったりしてトラブルが起こることがあります。自社施工の業者なら、見積りの段階から施工上の問題についても気付き、よりよい提案をしてもらうことができます。またアフターフォローについても責任を持って対応してもらえるため安心です。中間マージンが発生しないというメリットもあります。

施工実績が多い

施工実績が多い業者は、さまざまな条件の屋根で工事を行っているので施工技術が高いといえます。依頼しようと考えている業者が過去にどれくらい、どのような場所に施工してきたかは必ず確認しましょう。1メーカーにつき30件以上の施工実績がある、あるいは月に7件以上施工している業者は施工実績が多いといえます。ホームページ等で公開している施工事例の写真を確認したり、インターネット上や知り合いの方の口コミを参考にしたりすることも、優良な業者かどうかをチェックするのに有効です。

アフターフォローが充実している

太陽光発電は一度設置したら後は何もしなくていいというものではありません。定期的なメンテナンスが必要ですし、天候の影響で壊れたり、動物に汚されたりといった被害が生じることもあります。困ったときにはすぐに対応してもらえる、アフターフォローが充実した業者を選びましょう。評判を確認した上で、なるべく近所の業者を選ぶということも迅速なフォローが期待できるのでおすすめです。

価格が適正

価格はできるだけ安い方が嬉しいものですが、安すぎて工事が手抜きだったり、後で多額の追加料金を請求されたりすることも心配です。事前に調べたり、複数の業者から見積もりを取ったりして、相場を把握しておきましょう。長期にわたって支払うことを考えると、金利の影響も大きくなってきます。適正価格でサービスを提供し、より金利の安い業者を選びましょう。

 

太陽光発電は、業者に勧められるものを購入するのではなく、あなたのご家庭に最適なシステムを選んで購入するものです。20年以上も寿命があるものですので、後悔しないように慎重に検討しましょう。太陽光発電は決して安くなく、設置業者はたくさんあるので、複数の業者を比較することをためらう必要はありません。悪質な業者に騙されないよう、じっくりと時間をかけ、信頼して付き合っていける業者を見つけましょう。

【千葉】太陽光発電設置・販売業者5選

イメージ1
2
3
4
5
会社名株式会社レクソル株式会社日本エコシステム二和エンジニアリング株式会社株式会社グリムスソーラー株式会社タイショー
特長一人一人に合う最適な提案と、安心のアフターフォローの徹底家庭の状況、ニーズに合わせオーダーメイドシステムの提案提案からアフターメンテナンスまでワンストップ体制で安心電気エネルギーの完全な自給自足を目指す提案を行う地域密着で安心の自社施工!2,500棟以上の実績
詳細ページ

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧